人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

八幡浜の家完成その1

f0223603_18325107.jpg
八幡浜の家が完成しました。外構工事と若干の残工事が残ってますが。
f0223603_18330619.jpg
地元の大洲和紙(こより和紙)をアクリルで挟み込んでガラス戸としています。
f0223603_18332928.jpg
デッキテラスを寝室床より2段上げ手すりで前の家を隠す工夫をしていま                                              
f0223603_18344998.jpg
                                                      小上がりの和室の座卓とダイニングテーブルを繋げ大人数での食事に対応
f0223603_18350713.jpg
f0223603_18352777.jpg
                                
                                                     床下エアコンの暖気をイゼナのアクアレイヤーで蓄熱し、家全体を均一な温度に保っています。
                                
                                                     エアコン21℃設定で1,2階の全ての部屋が20~21℃でした。
f0223603_18354735.jpg
f0223603_18361971.jpg
                                    
                                                           お施主様の曽祖父様が育てた桧を大黒柱をはじめ和室の造作材などに利用しました。

f0223603_18363793.jpg


by seki-arc | 2019-03-31 18:51 | 今日の仕事

八幡浜の家

f0223603_11014243.jpg

八幡浜の現場に3月3日~4日に、竣工前の最後の打合せに行ってきました。
少し間が抜けていますが、外付けブラインドとデッキが出来れば大丈夫。
外壁の杉材の色(オスモのバザルトグレイ)が、がけ地に溶け込んでます。

f0223603_11053097.jpg

施工会社の小山建設さんは、PBの下地に厚12㎜の胴縁を壁、天井に施工しています。
首都圏ではほとんどの工務店が入れていませんので、感心してしまいました。

f0223603_11031838.jpg

寝室の窓台カウンターの長さ4,550㎜を、一枚物で施工しています。
天井の杉板も木目の美しい材で、なおかつ色むらが少ないものを選んでくれています。

f0223603_11041816.jpg

階段を支える柱は、お施主様の曾祖父が育てた樹齢70年を超える桧を製材したものです。

f0223603_11091802.jpg

柱に絡むササラ桁や段板は釘やビスを全く使わず組み込まれているそうです。

f0223603_11070825.jpg

蹴上180.6㎜のゆったりと上がれるストリップ階段です。

f0223603_11185479.jpg

構造材を現しにし、1階の居間天井から2階ホール、階段室に続く
2寸勾配の仕上げ材も地元の杉材で仕上げられました。

f0223603_11095174.jpg

八幡浜港を一望できる2階ホールからの写真。大黒柱をはじめ、和室の造作材は
全て先ほどの桧を裂いて製材したものが使用されています。
月末は竣工検査もある為、4日間八幡浜に滞在する予定です。


by seki-arc | 2019-03-07 12:11 | 今日の仕事