<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

愛媛県八幡浜への旅

f0223603_13031638.jpg
八幡浜の家の施工店を選びに、4月9日~10日に紹介された3つの工務店を訪ねる旅に出かけてきました。
まずは八幡浜市のお隣の大州市の建設会社に。施工された教会での打ち合わせ。
地杉をふんだんに使った、木の香りが充満している空間でした。
今回の計画も、室内外に無垢の木を使う木の香りのする家を計画しているので、第一印象はばっちりでした。

f0223603_13025724.jpg

大洲市の評判のうどん屋さんに。全く腰の無いうどん、久々に食べましたがこの辺のうどんは柔らかく
おつゆがしみこみやすくなっているそうです。おつゆは優しい出汁の効いた絶品で全て飲み干してしまった。
工務店を紹介してくれた代理店の森田さんは、ラーメンとうどんの相盛を注文してました。(写真参照)
一見、うどんがへばり付いたお鍋で、ラーメンの麺をゆでてしまった感じです。味はさっぱりしてるそうです。
この森田さん。南雄三先生とは20年来のお知り合いだそうで、話が弾みました。
昨年の日本エコハウス大賞、最優秀賞「大間の家」にも大いに絡んでいるとのこと。世の中は狭い!

f0223603_14040291.jpg

八幡浜港を見下ろす高台に建築予定ですが、お向かいに建つ赤い家を視線に入らないように工夫しました。
今回の計画は、昨年の日本エコハウス大賞入賞のSUR都市建築事務所の浦田さん直伝の地中熱利用、床下エアコンの家。
+アルファーとして、床下に蓄熱体のアクアレイヤーを敷き詰めたパッシブな木造2階建ての住宅です。


[PR]
by seki-arc | 2018-04-11 14:22 | 今日の仕事

ビオソーラーを体感

f0223603_18453983.jpg

吉祥寺南町の家は、地中熱利用の床下エアコン+びおソーラーを搭載した家です。
今日はびおソーラーに興味を持った方が、見学にこられると言うことで、現場に来ました。
ほとんど陽が差してないにもかかわらず、鍵を開けて中に入るとなんとも言えない暖かさが。

f0223603_18433584.jpg

LDKの奥に子供室のゾーン、スタディールームと寝る部屋が繋がっています。

f0223603_18435752.jpg

建具を引き出すと、がらりと雰囲気が変わります。

f0223603_18443454.jpg

屋根に載せたびおソーラーの集熱機から暖められた空気を床下に送り込んで、
床下に蓄熱させ、床吹出し口からゆっくりと室内を暖めて内部の温熱環境を底上げします。
部屋の隅に床下へ空気を送り込む白い立下りダクトが見えます。その横に床下エアコンを設置。

f0223603_18451540.jpg

リビングに続く吹抜けに面して、奥様の仕事部屋があり、子供室やスタディールームの様子、
外部テラス、キッチン周りなどすべて見渡せて安心して仕事に集中できるゾーンです。

f0223603_18452817.jpg

その他の部屋は、またの機会に!


[PR]
by seki-arc | 2018-04-07 19:15 | パッシブデザイン

今日の富士吉田の現場

f0223603_16073863.jpg
富士吉田の現場は昨日から足場の撤去作業が行われています。全体が見えてきました。
f0223603_15590252.jpg
道路から見た外観です。手すりが付いていないので少し間が抜けてますが、桧の板張りが全体の硬い感じを和らげています。
f0223603_15593012.jpg
2階が前面道路面と同じ高さなので、2階が主玄関になっています。玄関ポーチも桧の板張りで仕上げました。
f0223603_16090439.jpg
2階ダイニングキッチンと1階リビングは同一空間で、吹抜けを回り階段で繋げています。高さ2.2m幅2間のサッシが上下に連なっていて、足場をはずしたためかなり明るい空間となりました。
f0223603_16094565.jpg
1階の子供室は寝るだけの空間で、南にスタディールーム、北側はファミリークローゼットに繋がっています。
[PR]
by seki-arc | 2018-04-04 16:30 | 今日の仕事