<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

茅野の家

f0223603_924057.jpg
長野県茅野市の地中熱利用の床下エアコンの家。

標高1,125mのため、基礎の凍結深度が800㎜のため、

基礎の底盤から基礎天端まで、1,250㎜もあり、

見た目は結構すごい基礎になっています。

f0223603_922989.jpg

上から見るより、底盤面に下りてみるとかなりの迫力。

遠くに南アルプスの山並みも見えてます。

当初西側の田園風景を見下ろす、平屋建てでプランを考えていましたが

去年の梅雨明けに現場に立ち寄ったところ、

隣地境界線の外側の田んぼとの間にある市の傾斜地に

3mを超える雑草が生い茂り、視界が完全に閉ざされていました。

やむなく2階建てプランに変更。

夢の平屋建てを断念せざるを得ませんでした。


f0223603_934683.jpg

来月25日~26日の上棟に向けて急ピッチで作業が進められています。

大型連休中は、場所柄現場作業はストップするため結構タイトなスケジュール。

プレカットの最終打ち合わせも行い、着々と現場は進み始めました。
[PR]
by seki-arc | 2017-04-28 09:22 | 今日の仕事

地熱利用床下エアコンの家の上棟

f0223603_17572484.jpg

現場到着が10:30になってしまったため、

2階床梁までほぼ完了していました。

ここから「屋直し」を行い建物を水平・垂直に治します。

この作業を怠ると後で直すのが大変なので

現場は真剣勝負です。


f0223603_1757997.jpg

「屋直し」が終わり、2階の梁上に厚さ24㎜の構造用合板を敷きこみます。

この剛床が水平構面を強固にするとともに、

工事中の職人さんたちの足元の安全も確保してくれます。

剛床を貼り終わった所で、お昼の休憩。



f0223603_1756562.jpg

休憩中に皆でお弁当を食べているときに、懐かしい人と対面。

以前の会社の下請け工務店の監督だった方が手伝いに来ていました。

午前中も見かけていましたが全く気が付きませんでした。

20歳を少し過ぎたばかりの好青年が、

ひげを生やした50代のおっさんになっていたのですから。

声を聴いて思い出しました。

バブルの頃、一生懸命知恵を出し合いながら頑張っていた人との出会いは

何とも言えず嬉しい事でした。


f0223603_17562886.jpg

屋根はシンプルな形状なのですが、登り梁が多いため

結構手こずってます。

f0223603_1756541.jpg

それでも何とか棟が上がりました。

f0223603_17553176.jpg

午後は強い風が出てきて、

結構大変でしたが、無事上棟いたしました。

皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by seki-arc | 2017-04-20 17:54 | 今日の仕事

土台敷き

f0223603_2015414.jpg

東村山の地中熱利用の床下エアコンの家は、今日が土台敷き。

基礎断熱の外周部は気密パッキンを敷いてから土台を乗せます。



f0223603_20145080.jpg

内部は通気パッキンを敷き、土台を敷きます。



f0223603_20143093.jpg

午前中で、土台が敷かれました。

なるべく暖かい空気がいきわたるように基礎の開口は大き目に開けています。

許容応力度計算で耐震等級3にしているため、スラブに結構な補強金が入ってます。

明後日、今年最初の上棟です。
[PR]
by seki-arc | 2017-04-17 20:26 | 今日の仕事