<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

白侘助

f0223603_10573811.jpg

この時期我が家で唯一咲いている花。

白いツバキとの差は、侘助には花粉がありません。

従って‘実’も付きません。

原種は発見されておらず、藪椿と茶の交雑種ではないかとする説もあるそうです。

花言葉は「控え目」

寒空に慎ましく咲く風流な花です。
[PR]
by seki-arc | 2014-12-31 11:07 | 庭の気配

杉並区今川の完成写真

f0223603_1633460.jpg
10月末に引っ越しされた杉並区今川の外構工事がやっと終わりました。

前面道路の給水管の交換工事や

側溝の取替、舗装工事にもぶつかり中々進みませんでした。

このお宅も以前使用していた庭石や灯篭を

使いまわしての外構工事です。

前面道路との高低差が500㎜あったため、

リビング前のデッキテラスは、出来るだけ軽く見せるため、

道路から浮かせ、フェンスを立ち上げずに‘キンメツゲ’の生け垣としました。

道路脇のツッカエ棒はお施主様の要望で後から付けましたが

見た目にはチェット邪魔でした。

f0223603_157994.jpg

大谷石は自転車置き場の床として再利用しました。

門柱は脇に並べて置き、隙間からガスのメーターが見えるようにしたので

庭に回り込まなくても、水道・電気と一緒にメーターが覗けます。

f0223603_1510559.jpg

親世帯の玄関ホールとLDKは大きなガラス格子戸で仕切られています。

以前の家にあったものをリフレッシュさせて再利用しています。

f0223603_1552074.jpg

子世帯の玄関。

シューズインクローゼットがあるお蔭で、何時もすっきりしています。

このドアは延焼ラインにかかる部分にありますが、

阿部興業の木製の防火ドアを使用しています。

親世帯は同じデザインの、非防火ドアを入れました。

f0223603_1543584.jpg

ホールから一歩足を踏み入れたところからの写真。

f0223603_1541986.jpg

主にこちらの堀座卓で食事をされます。

このトチの天板もリフレッシュして再利用しています。

炬燵部分の足元と、畳に床暖が敷いています。

壁掛けエアコンは家具にビルトインで設置しました。

この方法であればエアコンを交換するときに工事が楽です。

f0223603_1533790.jpg

完全に開かれたオーダーキッチン。

結局一番大きな冷蔵庫にしたため

10㎝以上はみ出してしまいました。

これからは冷蔵庫の奥行を750㎜以上確保しなければ!

f0223603_1531588.jpg

ご夫婦お二人のLDKですが、

3人のお孫さん用に3ヵ所も食事ができる場所があります。

様々なケースで上手く場所を使い分けられているようです。


建替える前のお宅のオーダーキッチンの扉はセンの突板のだったため、

今回は少し気分を変えたいとのお望みがあったため、この色になりました。







f0223603_1521835.jpg

階段室を2階ホールから見る。

以前が1200㎜の有効幅のある階段だったため、

芯々910㎜、柱が4寸のため、不通に納めたら有効765㎜。

少しでも有効幅を広げるため中央の壁厚を50㎜にし、有効811㎜としました。

非常に苦心し、現場も大変な思いで制作したのですが........。

あまり注目されていないようです。


私は行くと必ず見とれている階段です。

f0223603_152268.jpg

2階の居間からキッチン方向をみたところ。

TV台の上の開口は、当初の計画では壁でしたが、

現場で眺めているうちにどうして階段室と繋げたくなって壁を無くしました。


北側斜線が厳しいので、天井高をH:2225㎜と低く抑えています。

そのため2階の居室は、出来るだけ勾配天井にし、高さを感じられるようにしました。

またキッチンの流し台が直接外部に面していないので、

流しの真上に開閉式のトップライトを取付けています。





f0223603_1504471.jpg
流し台から居間方向を見る。

居間の南側は5帖のグレーチングバルコニー。

杉並区はコの字に囲まれたタイプでも建蔽・容積率の対象になりません。

区によって見解が違いますのでご注意ください。


掃出しサッシの上に夏の日差しをカットする

電動のオーニングが取付けてあります。

南側に上部のサッシのメンテナンス用にグレーチング床のキャットウォークが。


こちらには子供室のロフトから出られます。

f0223603_14591764.jpg

建蔽・容積率が厳しかったため、

3人のお子さんのそれぞれの個室が設けられませんでした。

女の子3人だったため、一部屋を寝る時に3つにスクリーンで区切れるようにし、

グレーチングバルコニーの反対側にスタディールームを設け

寝る部屋と勉強部屋を使い分けてもらうように提案しました。

寝る部屋には、緊急避難用にロフトにも梯子で登れます。


f0223603_171776.jpg

ロフトからの眺め。

緊急避難用にと思っていましたが、

この場所の取り合いのようです......。

f0223603_1457497.jpg

東南の角部屋のスタディールーム。

L字の奥行600㎜のカウンターと造作本棚。

仲良く勉強してくれることを願ってます。
[PR]
by seki-arc | 2014-12-16 15:34 | 建物

1年点検-桜の木に寄り添う家

f0223603_1973638.jpg

先週の土曜日、目黒のN様邸の1年点検に行ってきました。

桜の木と柿の木に縁りそうに建てた住宅です。

f0223603_1972058.jpg

今年は毛虫があまり発生しなかったようで、一安心。



f0223603_197674.jpg

先週は落葉のピークで、

1日5回落葉を履いていたそうです。



f0223603_1965157.jpg

この時期晴れた日はかなり奥まで陽が差し込んでいます。

朝と夜、ほんのわずかな時間だけ床暖を付けるだけで、

1日中暖かく過ごせるとの事。


f0223603_196407.jpg

リビングに続く階段の途中からの眺め。

3階バルコニーからの光が

パンチングメタルの段板を通して降り注ぎ、

とても明るい階段室です。


f0223603_1961457.jpg

三京建設さんと一緒に同行してもらい、

不具合がある部分をお聞きしています。

TVの背面の壁は、埋め込みレールの飾り棚があったため、

合板下地にし、珪藻土仕上げとしていました。

この部分だけ珪藻土にクラックが入っているため、

暖かくなった頃、壁を壊しプラスターボードを貼り

珪藻土を塗り直してもらう事になりました。


この日は午後からお嬢様のお誕生会があるそうで、

奥様は大忙し。

またクリスマス会もこちらで行われるそうで、

1年を通して色々な方が集まる

にぎやかで楽しそうな家になっているようです。
[PR]
by seki-arc | 2014-12-10 19:38 | 今日の仕事

清澄庭園

f0223603_17273112.jpg
今日の午前中は、江東区にある

清澄庭園・大正記念館で午前中だけ

エコハウス研究会の‘そらどまの家’の

解説を聞きに。

終わり次第、初めて来た庭園を散策しました。

f0223603_17271762.jpg

明治11年、岩崎谷彌太郎が買い取り、

社員の慰安や来賓を招待する場所として

回遊式林泉庭園として完成させたそうです。



f0223603_17265864.jpg
海が近いせいか‘カモメ’が結構います。

シラサギ、ゴイサギ、カモ、ハト、カモメ。



f0223603_17264038.jpg

スカイツリーも見えました。

f0223603_17241867.jpg

本当に一枚岩の「石橋」が........。

f0223603_1724228.jpg

帰りに駿河台下の‘南洋堂書店’に。

学生時代以来、約40年ぶりに書籍を買い求めました。
[PR]
by seki-arc | 2014-12-03 17:52 | 講演会など