<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春の花-6

f0223603_18594928.jpg

エビネが2年ぶりに花を付けました。

中庭の下草の女王です。

f0223603_1921172.jpg

先週の土曜日。

4月とは思えない寒さの中、

善福寺の家の地鎮祭が執り行われました。

雨は何とか持ちこたえてくれましたが、

身体の芯まで冷え切ってしまいました。

f0223603_1924820.jpg

桜新町の現場は、明後日上棟です。

今日は午前中に土台が敷かれ、

明日、先行足場の予定です。

f0223603_1925976.jpg

上棟当日も予定は‘雨’。

この現場、お天気男と、お天気女の集まりとの噂。

果たしてどうなりますやら・・・。
[PR]
by seki-arc | 2013-04-22 19:19 | 今日の仕事

春の花-5

f0223603_943797.jpg

ヒメウツギ

常緑低木。かなり横に広がってきました。

木陰でも大丈夫な木。

f0223603_951489.jpg

ホウチャクソウ

多年草。

ホウチャク(宝鐸)とは寺院の軒につるす飾りの鐘の事で、

花の様子がこのホウチャクに似ていることから名付けられた。

発芽しやすいのか、すごく増えてきました。

f0223603_954680.jpg

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

中国原産の多年草。明治時代に移入された帰化植物。

名の由来は、葉が芹に似ていること、

花がツバメが飛ぶ様子に似ていることから。

「花しらべ」で、初めて名前が解りました。



f0223603_955957.jpg

コハウチワカエデ

雄花と両性花が同じ株に付く雌雄同株。

種をブーメランのように遠くに飛ばします。

f0223603_962618.jpg

善福寺の現場。

昨日地縄を張りました。

デカイ!
[PR]
by seki-arc | 2013-04-16 09:25 | 庭の気配

春の花-4

f0223603_90555.jpg

セイヨウカマツカ

枝が丈夫で折れにくい事から

釜の柄に利用されたのが名の由来。

秋にはつややかな赤い実がお正月ぐらいまで目立っています。

実がまずいせいか、ヒヨドリが食べる頃は

他に実のついている木はありません。

ヒヨドリが細い枝にぶら下がっても

確かに折れることはないです。

f0223603_92680.jpg

知人にいただいた‘山椒’。

伊豆高原からやって来ましたが、

環境がピッタリのせいか、

ぐんぐん伸びて大きくなってきました。

この季節、若葉の「木の芽」は、食卓の香り付に大活躍。

f0223603_933688.jpg

ミミガタテンナンショウ

山野の林に生える多年草。

今年もきっちり6本芽を出してきました。

我家で多分?唯一の有毒植物。
[PR]
by seki-arc | 2013-04-09 09:19 | 庭の気配

春の花-3

f0223603_19434954.jpg

中庭の陰でひっそり咲いているクリスマスローズ。

かなり日当たり悪いので、あまり株が増えないです。

色も地味なので、蕾の状態では気づきません。

f0223603_19441029.jpg

ミツバツツジ。

葉に先立って紅紫色の花を付けます。

写真の葉はコハウチワカエデです。

ぼんやりと花も見えます。


f0223603_19442059.jpg

このシロヤマブキは二世です。

黒く光沢のある実から発芽した木です。

実が固いので発芽に2年かかるそうです。

f0223603_19443469.jpg

メグスリノキ。

樹皮を煎じて洗眼に用いたのでこの名が付きました。

肝臓にも効くそうです。

調べてみるとメグスリノキは雌雄異株。

この木は雄でした。

道理で花らしい花が咲かないと思ってたら・・・・。

12年たって初めて解りました。

紅葉は特に美しいです。
[PR]
by seki-arc | 2013-04-06 20:02 | 庭の気配