<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

内部塗装工事

f0223603_914273.jpg

今日から、内部の塗装工事が

本格的に始まりました。

f0223603_915313.jpg

階段の段板を、一旦外して

表面は4回、塗装して仕上げます。

f0223603_917599.jpg

お施主様の強い要望により、

段板は、メープルの無垢材です。

f0223603_9152051.jpg

f0223603_9153247.jpg

今川のH邸も、サンドラックの影に隠れ、

あまり目立たなくなっていました。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-31 09:13 | 今日の仕事

造作完了ー桃井の現場

f0223603_921575.jpg

5月14日に上棟した、桃井の家も

今日で、大工さんの工事が終了します。

f0223603_923221.jpg

f0223603_924846.jpg

f0223603_931328.jpg

細部にわたり、ピシッと納めていただき、

本当にありがとうございました。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-30 09:00 | 今日の仕事

西新宿の家、着工

f0223603_8452659.jpg

7月27日、 西新宿のお宅の地鎮祭です。

3階の東側からは、

新宿の高層街が見渡せるはずです。

混沌とした不思議な世界です。

f0223603_8465351.jpg

大浦社長によろ簡易地鎮祭。

無事の完成を祈ります。

f0223603_8475231.jpg

一足先に着工した浜田山の現場は

根切り底に、捨てコンクリートが

打設されていました。


f0223603_848983.jpg
[PR]
by seki-arc | 2011-07-28 08:43 | 今日の仕事

手頃な日帰り登山コース‘日向山’

f0223603_1930528.jpg

手頃な日帰り登山コースということで、

山梨県白州にある‘日向山’に挑戦しました。

登山口の矢立石には車が4台、10台、20台と

様々な駐車可能な台数の情報に惑わされ、

いつもよりは大分早めに到着しました。

結局、本来の駐車スペースは4台で、

林道の脇に駐車すれば、何台でもという感じ。

夏休み中なのに、我々が2台目でした。


「付近で、クマの目撃情報あり」の看板で

あわててザックからクマベルを取り出します。

f0223603_19323470.jpg

のんびりとした広葉樹林を登ります。






f0223603_19334561.jpg

今話題の‘ナデシコ’が咲いていました。

f0223603_19341563.jpg

かなり湿度が高く、アセが止まりません。

風通しの良い場所では心地よいのですが、

木々に囲まれた谷側では、

無口になってただただ上を目指します。

f0223603_19343336.jpg

尾根を登ると‘あっさり’山頂に着く。

そうか、ここがやっと尾根なのだ。

大きな勘違いしてました。

登山口からあっさり着くのではなかった!





f0223603_1935831.jpg

尾根からは‘あっさり’山頂に着きました。

霧で覆われて、周囲は見渡せませんが、

林を抜けて、いきなりこの景色です。

f0223603_839769.jpg

白い砂で覆われた、山頂で昼食。

何か涼しい砂浜で、食事としている感じ。





f0223603_19371797.jpg

SF映画のロケ地のような所を下リはじめます。

f0223603_1938229.jpg

やっとハイキングコースらしい

登山道に戻れました。



しかし、錦滝を廻るこのコースは、

この先、家族連れには向きません。

二組の家族連れは、上ってきたコースを

下山してゆきました。

f0223603_19384145.jpg

反対側から上ってきた二人連れも、

ぜんぜん手頃な登山コースでないと

声を大にして、すれ違って行きました。

この階段も、慎重に下りてゆきます。

f0223603_19393520.jpg

錦滝を眺め、林道を40分歩いて駐車場に。

2時間55分のコースで

4時間掛かってしまいました。

f0223603_1940337.jpg

この‘日向山’の麓にある、

清里の別荘でお世話になった

‘Be-Leaf’の吉良さんのお宅があります。

矢立石の駐車場からab15分。

こんな場所に住めて、本当に羨ましい!
[PR]
by seki-arc | 2011-07-25 19:28 | 旅・休日

蓑虫の訪問

f0223603_20422177.jpg

桃井の現場は、大工工事が残り2週間。



f0223603_20424428.jpg

f0223603_2043135.jpg

f0223603_20431885.jpg

2,3階はボードもほぼ貼り終わり、

1階の無垢フローリングを

貼り始めていました。

f0223603_20434586.jpg

事務所に帰って、入口ドアを開けると

正面のサッシに大きな塊が。

ヒヨドリの糞にしては大きすぎるし、

まさか鴉の仕業?かと思いきや

よーく見ると、蓑虫くんではないですか。

本当に久しぶりの御対面です。


f0223603_2044189.jpg

蓑から頭を出して、網戸をよじ登っていました。

裏から見ると、結構不気味です。


実は、蓑虫は‘絶滅危惧種’

に選定されるようになってきているらしいです。

写真に収めたあと出かけてしまい、

帰宅した時には姿が見えませんでした。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-15 20:25 | 生き物たち

新しい現場が始まります

f0223603_20135343.jpg

解体工事が完了し、

いよいよ浜田山の現場が始まります。

まずは地盤調査。

地縄を張って、建物の4隅と中心の

合計5箇所を基本的には調べます。

f0223603_20142037.jpg

近くに善福寺川があるため、少々不安です。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-14 20:11 | 今日の仕事

武蔵嵐山の改修工事引渡し

f0223603_1949270.jpg

今日は、武蔵嵐山の改修工事の

引渡しが13:00から行われる予定でした。

しかし、練馬高野台の駅をくぐったあたりから

エアコンが効かなくなり、オーバーヒートの

警告灯が赤く点灯し始めました。

ボンネットを開けてみたところ

冷却水が漏れていて、殆んど空の状態。

f0223603_19491967.jpg

さすがに関越道に入るのは危険なため、

引渡しはお施主様の了解を得て、

工務店の監督にお願いし、

車はレッカーでディーラーへ。

f0223603_19492917.jpg

水曜日のトレッキングで日焼けした顔が、

アスファルトの照り返しのため

更に黒ずんでしまいました。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-09 19:49 | 今日の仕事

杉並桃井の現場

f0223603_7503226.jpg

桃井の現場に着いたのが

12:00過ぎてしまいました。

午後のスケジュールの都合で

大工さん、昼時にゴメンナサイ。


2階の床の仕上げ材の施工中です。

無垢のメープル自然塗装仕上げ材。

f0223603_7513224.jpg

壁、天井の石膏ボードが貼られ

光の入り具合が解りやすくなってきました。

f0223603_7541715.jpg

この家のLDKは、3階ホール・階段室から

光と風を取り込んでいます。



f0223603_75445100.jpg

3階からの光が

1階、階段室へも届いています。

3階建て、北側玄関にしては

明るめな空間になっています。

f0223603_7562921.jpg

3階、ホール・階段室は

南側と東側から光を取込んでいます。





南側隣地に大きなマンションが建っている為、

LDKへの視線が気にならないよう

バルコニーの腰壁を高めにしています。

プライバシーは守られますが、

開放感が失われぎみなので、

上から光を取込みました。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-09 07:48 | 今日の仕事

蓼科トレッキングコース

f0223603_19333932.jpg

今年一番のお天気の中、

蓼科の八子ヶ峰山頂を目指します。

さすがに蓼科。

ダケカンバの木が多く見られます。



f0223603_19343728.jpg

カラマツ林を抜けると

明るい草原が広がります。

f0223603_19345712.jpg

草原に1輪だけ、アヤメが咲いていました。

f0223603_19351997.jpg

彼方に赤い屋根のヒュッテが見えます。

夢のような風景です。

f0223603_19374766.jpg

八子ヶ峰東峰山頂 標高1869m

f0223603_19381086.jpg

この時期、草原で一際目立つ花。

コバイケイソウです。

f0223603_19383343.jpg

八子ヶ峰西峰山頂からの景色。

八ヶ岳から・・・



f0223603_19385034.jpg

360°見渡せる大パノラマ。

大草原からの眺めは格別です。



f0223603_1940327.jpg

ヤマツツジ、レンゲツツジは

最盛期は過ぎていましたが、

コースのあちらこちらで

彩を添えていました。

今年一番気持ちの良いコースでした。
[PR]
by seki-arc | 2011-07-07 19:27 | 旅・休日