<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2年点検

f0223603_1985945.jpg

お引渡し後の2年点検に施工会社の方と国立のT邸を訪ねました。
珪藻土の壁、天井の取り合い部分に若干の亀裂がありましたが、面の部分には亀裂はありませんでした。
珪藻土で仕上げたお宅は生活臭が全く感じられないのが特徴ですが、T邸も室内犬が居るにもかかわらず、臭いがしませんでした。
左官屋さんに亀裂を補修してもらい、壁に付いたビールの汚れも濡れたタオルできれいに拭取ってもらいました。



f0223603_19173552.jpg


育ち盛りの二人の男の子が居るため、1,2階のバルコニーは洗濯物でいっぱいです。多少の雨で濡れない干し場も便利だそうですが、何と言ってもダイニングの天井に取り付けた部屋干し用の金物が大活躍との事。
脱着式なのですが、物干竿はここに下がったままだそうです。
[PR]
by seki-arc | 2010-01-30 19:06 | 今日の仕事

地鎮祭 &地盤調査

f0223603_18575566.jpg
今日は世田谷区玉川のN邸の地鎮祭が行われました。
地鎮祭とは、建築を始める前に、その土地の氏神様を鎮め、土地を利用させてもらう許しを得る事ですが、一般的には工事の無事を祈る儀式と認識されています。

f0223603_18592221.jpg
地元の氏神様(神社の神主さん)にお願いする事が多いのですが、今日は工務店 住吉建設の住吉社長による簡易地鎮祭でした。
敷地の四隅と中央に塩、米、酒でお清めし、二拝、ニ拍手、一拝で礼拝し、最後にお神酒で乾杯しました。 気持ちを込めてお祈りすれば、このような簡易地鎮祭で十分ではないかと思います。


f0223603_190540.jpg
地鎮祭のあと、地盤調査会社によるスウェーデン式サウンディング調査を建物四隅と中央の計5箇所を測定しました。
地盤の性状を知り建物の基礎設計に関する資料を得る事を目的とする大切な調査です。この調査結果により基礎補強などの判定をします。
[PR]
by seki-arc | 2010-01-16 18:54 | 今日の仕事

冬の韮崎とマイケル・フランクス

f0223603_18513179.jpg
1月10日(日)
朝7:00に出発して、昨年6月にお引き渡しした山梨県韮崎のI邸を訪ねました。
年明けからお天気に恵まれ、床暖もつけずに薪ストーブだけで過ごされていたそうですが、家全体が暖かでした。
60坪を超えるお宅ですが、ストーブは1台、リビングに“バーモンドキャスティングスのアンコール"を設置しています。
リビングの上は吹抜けになっていて2階ホールと繋がり、さらにその上(木の格子の上)に寝室と客間に繋がる風道を設けています。
薪ストーブを焚くとリビング吹抜け天井近くに溜まった暖気が風道を通って寝室・客間を暖めています。


f0223603_1852713.jpg
またリビング吹抜け天井にあるシーリングファンを回す事で暖気を家全体に拡散しています。
夏は自然の風の流れと湿気を調湿する珪藻土のおかげで非常に涼しく過ごせ、冬もこれだけ暖かければ一安心です。

昼過ぎに帰宅し、夜はビルボード東京で
MICHAEL FRANKSの
「THE ART OF TEA」
「SLEEPING GYPSY」のライブを聴きに行き、35年前の懐かしいヒット曲を楽しみました。マイケル・フランクスも35年でかなり変わり、まるで“チップス先生”のようでした。
仕上げは駒沢の「ひろの亭」でお酒と蟹ラーメンを頂き長い一日が終わりました。
[PR]
by seki-arc | 2010-01-11 20:48 | 今日の仕事

明けましておめでとうございます。

f0223603_1833269.jpg

2010年の初日の出の写真-
ではなく、元旦の夕暮れ時の我家のロフトからの景色です。

本年最初の来客は、大食いのヒヨドリと2羽のメジロでした。



f0223603_1834224.jpg

この家で8回目の元旦を迎えましたが、中庭のヒメシャラの葉がこんなに残っているのは初めてのことです。

地球温暖化の影響でしょうか。
[PR]
by seki-arc | 2010-01-01 18:31