人気ブログランキング |

カテゴリ:庭の気配( 43 )

エゴノキ満開

エゴノキ満開_f0223603_19294443.jpg

エゴノキがどうやら満開のようです。

朝早くから、‘クマバチ’がうなり声を上げながら飛び回っています。

結構臭いが強く、蜂が舞い上がるのも納得してしまいます。

でも、蝶が蜜を吸っているのは、見たことがないですね。

エゴノキ満開_f0223603_1930165.jpg



エゴノキ満開_f0223603_19301583.jpg

以前に住まわれていた御自宅が解体され、やっと建物全体が見渡せたH邸です。

中庭のシマトネリコの新緑が涼しげです。

エゴノキ満開_f0223603_19304218.jpg

一週間前に上棟した、T邸でエアコンの室内機の位置、配管の経路

室外機の設置場所などの検討、確認を行いました。

エゴノキ満開_f0223603_19311096.jpg

屋根のルーフィング敷きも終わり、

外壁の構造用合板を貼り、外周りから現場は進んでゆきます。



エゴノキ満開_f0223603_19322947.jpg
by seki-arc | 2011-05-21 19:33 | 庭の気配

若葉の頃

若葉の頃_f0223603_12115714.jpg

仕事は山積みですが、久々に休みを取り、高尾山へ。

病院の脇を抜ける、初めてのルートを登りました。

若葉の頃_f0223603_12121264.jpg

5月1日。

連休中とは思えないくらい、登山道はすいてました。

若葉の頃_f0223603_12124616.jpg

5月2日~3日。

5年ぶりに、伊豆高原のN邸に。

造園家のお陰で、樹木も整理され、

ずいぶんスッキリとしたお洒落な庭に変身してました。

若葉の頃_f0223603_1213638.jpg

もう10年経ったそうです。

若葉の頃_f0223603_1213553.jpg

3台の除湿機が、常時運転されているため、

何時来ても、別荘特有のかび臭さがなく、気持ちよく過ごせるとのこと。

杉の丸太、米松の梁、サクラの無垢の床材が、程よく焼けていました。

若葉の頃_f0223603_1214102.jpg

地下に当る浴室の外側には、クリスマスローズや、

数種類のギボシが植えられています。

若葉の頃_f0223603_12142532.jpg

今回も、温泉の湯に浸かりながら、

外の若葉の色を眺め、久々にリフレッシュできました。
by seki-arc | 2011-05-05 12:15 | 庭の気配

急ぎ足で咲く花たち

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12263279.jpg

次から次へ、急ぎ足で花が咲き始めました。

いつもは一つの花が終わる頃次の花を楽しむゆとりがあるのですが、

今年は忙しないです。





リキュウバイ

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12265796.jpg


急ぎ足で咲く花たち_f0223603_1227972.jpg

コハウチハカエデ

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12272362.jpg

クマシデ

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12275177.jpg

ザイフリボク

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12283350.jpg

ミツバツツジ

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_1229072.jpg

去年撮り損ねた‘メグスリノキ’の花?

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12292968.jpg

シロヤマブキ

一昨年に落ちた実から発芽したシロヤマブキに、はじめて花が咲きました。

急ぎ足で咲く花たち_f0223603_12294531.jpg

ミミガタテンナンショウ
by seki-arc | 2011-04-20 12:30 | 庭の気配

10日ほど遅れてます。

10日ほど遅れてます。_f0223603_2022098.jpg

我家の庭の春の訪れは、昨年より10日ほど遅れています。

‘ハナニラ’は、去年の猛暑もこの冬の寒さも問題にせず、花の数を増やしています。

10日ほど遅れてます。_f0223603_20222873.jpg

10日ほど遅れてます。_f0223603_20224445.jpg

今日は、‘クロモジ’の花が、満開となりました。

10日ほど遅れてます。_f0223603_2023293.jpg

‘ヒメシャラ’も、芽吹きだし、その他の木々も少しずつ芽を膨らませています。
by seki-arc | 2011-04-06 20:23 | 庭の気配

樹氷?

樹氷?_f0223603_1958302.jpg

いつの間にか雨から雪に変わり、瞬く間に中庭のヒメシャらの枝に雪が積もっていました。

たまにはこんな景色を見ながらの食事もいいですね。

樹氷?_f0223603_19584970.jpg

雪のバレンタインデーなんて、
結構素敵じゃないですか!
by seki-arc | 2011-02-15 07:10 | 庭の気配

大晦日の庭

大晦日の庭_f0223603_8485897.jpg

我家の庭で大晦日に咲いているのは‘シロワビスケ’の花です。

侘助(ワビスケ)はツバキ科ツバキ属の常緑高木です。

原種は発見されておらず、藪椿(ヤブツバキ)と茶(チャ)との交雑種ではないかとす言う説もあるようです。

白侘助(シロワビスケ)はその園芸品種であり、茶花として好まれます。


大晦日の庭_f0223603_8491396.jpg

例年、11月中旬より咲きはじめますが、鳥の餌台に果物を置いていないと、メジロ、ヒヨドリに襲われ、椿の花のように、あっけなく落ちてしまいます。

蜜が結構美味しいのでしょう。

花を落す犯人は、もちろん‘メジロ’でなく‘ヒヨドリ’です。



大晦日の庭_f0223603_8493934.jpg

‘セイヨウカマツカ’の実は、中々なくなりません。

あまり美味でないらしく、周りに食べる物がなくなった最後の最後に一気になくなります。

この細い枝にもかかわらず、この実を食べつくすのも‘ヒヨドリ’です。
by seki-arc | 2010-12-31 09:09 | 庭の気配

12月の中庭

12月の中庭_f0223603_19191867.jpg

我家の外側の木々はこの2~3日で殆んど葉を落としてしまいました。

風当たりのせいもあってか、中庭のヒュウガミズキやヒメシャラはまだ暫くの間、色付いた葉っぱで、家のものを楽しませてくれそうです。

12月の中庭_f0223603_19163794.jpg

12月の中庭_f0223603_19165831.jpg

この小さな‘ヒメシャラ’は、我家で落ちた実から芽が出て育った大切な木です。

日当たりが悪いせいか、なかなか成長しません。気が付いてから4年目ぐらいです。

私の身長を超えるのに、あと何年掛かるでしょうか。

12月の中庭_f0223603_19171387.jpg
by seki-arc | 2010-12-12 19:15 | 庭の気配

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン_f0223603_19271275.jpg

「ツリガネニンジンを植えといた」と植木屋さんに言われていたのですが、その近辺は雑草が生い茂っていて、何時も色々な草を夏の初めに抜いてしまうため、花を見たのは今年が初めてです。

ツリガネニンジン_f0223603_19272764.jpg

花そのものは‘ツリガネニンジン’に似ているのですが、家のは蔓系の草のようです。
ネットで調べてみると多年草で、しっかりした茎から枝分かれした先端に花が付いています。
また違った名前を教えられていたのかもしれません。

ツリガネニンジン_f0223603_1928530.jpg

朝一番に、国分寺市役所に行って、国分寺市のI邸の長期優良住宅認定通知書を受け取り、その足で東小金井のK邸の現場に行きました。
今日は地盤補強工事が行われていて、天気にも恵まれて今日中に補強工事が終わりそうです。

いよいよ明後日から基礎工事の着工です。
by seki-arc | 2010-08-25 19:29 | 庭の気配

葉切り蜂との遭遇

葉切り蜂との遭遇_f0223603_6383021.jpg

道路脇に咲いているツユクサの花の写真を撮っていると、一匹の蜂が頭上のアオダモやツリバナの葉を吟味しながら飛び回っていました。

葉切り蜂との遭遇_f0223603_639104.jpg

実は30分ぐらい前に、CADで図面を書いていると、脇の窓の外からパチパチと葉をたたくような音が聞こえてきました。
雨でも降り出したのかと思い、音のする方を注意深く見てみると、蜂が器用に葉を切って、持ち去っていきました。音の正体は、蜂が葉っぱを切る音だったのです。
この蜂はザイフリボクの葉が気に入っているようで、他の木の葉を一様チェックしていましたが、結局私の目の前で、ザイフリボクの葉をわずか6~7秒で切り取り、切り取った葉を両手両足?で抱え込んで飛んでゆきました。

葉切り蜂との遭遇_f0223603_6392769.jpg

ザイフリボクの葉の状態です。綺麗に丸く葉が切り取られています。
一週間ぐらい前の出来事でしたが、もっとバッチリとした蜂の姿を写真に収めようとしたのですが、チャンスは巡って来ず、今は蜂は来ません。

花は人を楽しませ、実はヒヨドリに喜ばれ、葉っぱまでハキリバチに重宝がられ、ザイフリボクは☆三つの木です。
by seki-arc | 2010-06-24 06:36 | 庭の気配

ヒメシャラ

ヒメシャラ_f0223603_6432128.jpg

一週間ぐらい前からボチボチとヒメシャラの花が咲き始めました。毎年花の開く順番が同じで、中庭にある渡り廊下の近くは、最初の一輪から一週間ぐらい後になります。

ヒメシャラ_f0223603_6434233.jpg

ヒメシャラの花は散るのが早く、潔く一輪の花ごとポタッと落ちてゆきます。さすがに‘ツバキ科’です。
下にある水盤に何輪か浮いていますが、もっと数が増えると、風情があるとはいえなくなってきます。

ヒメシャラ_f0223603_646161.jpg

梅雨時に満開になる‘ビョウヤナギ’です。我家の庭の中では色的には一番華やかな花ですが、散った後の始末が悪く、我奥様からは目の敵にされ、花が開く前にサッパリと枝を刈り上げられ、ほんの少しの花しか開くことしか出来ません。他所のお宅は目いっぱいに咲き誇っているのを良く見かけますが、事務所のポストの下のビョウヤナギは今年2輪の花しか咲きませんでした。

確かに地面に粘り強く張り付き、梅雨時のせいもあり、箒にもまとわり付く厄介者ですがちょっとかわいそうなきもしますが。
by seki-arc | 2010-06-15 06:34 | 庭の気配