カテゴリ:庭の気配( 43 )

長雨のさなかに開花した花

f0223603_1211377.jpg

毎年樹木に絡みつくため、そこそこの丈になると

切り取っていた、つる性の多年草。

今年はうっかり伸ばしっぱなしにしていたら花が咲きました。

クレマチスの仲間の“センニンソウ”。

調べていると、葉や茎を切ると出る汁液は

有毒で皮膚炎を起こす有毒植物とのこと。

これからは手袋をはめて引っこ抜かなければ........。


f0223603_12111232.jpg

レンゲショウマの花がやっと開きました。

長~い間、蕾の状態であの暑い夏も過ごしていましたが、

何もこんなに長雨の続く、しかも大雨の日に咲かなくても......


案の定、現場から帰ってくると花びらが一枚落ちていました。
[PR]
by seki-arc | 2015-09-13 12:23 | 庭の気配

続々開花

f0223603_9445780.jpg
ヒユウガミズキ

f0223603_9451932.jpg
クロモジ

f0223603_9454357.jpg
シロモジ

f0223603_9455540.jpg
ハルニレ

f0223603_9473592.jpg
ジューンベリー(アメリカザイフリボク)

6月に美味しい実を付けます。
今年もトリとの戦いが待っています。


f0223603_9474930.jpg
バイカイカリソウ

一昨年にいただいた‘イカリソウ’
碇が無いのでびっくりしていたら、碇のないイカリソウでした。

f0223603_9482825.jpg

ミミガタテンネンショウ

中庭に5本生息する、有毒植物

f0223603_9493477.jpg

エビネ

1年おきに開花します。

栄養が足りないためか、今年は3個の花しかつけませんでした。

今年はしっかりメンテナンスしないと。

f0223603_9494670.jpg
セリバヒエンソウ

名前の由来は、葉が芹に似て、花が燕が飛ぶ様子に似ていることから。

毎年少しずつ、日当たりの良いところに移動しています。

f0223603_10183642.jpg
シロヤマブキ

黄色のヤマブキとは別種で、ヤマブキは5弁花、シロヤマブキは4弁花。

実生でどんどん増えています。

f0223603_1017389.jpg

ヒメウツギ

この花も毎年横に増え続けています。

f0223603_9503817.jpg

ヒメウツギのアップ。

f0223603_9504942.jpg

セイヨウカマツカ

秋に真っ赤な実を付けます。

実が目立つ割にヒヨドリは殆んどど食べません。

周囲に全く実物が無くなった時食べています。

f0223603_952054.jpg

コハウチワカエデ

今年は花が異常発生。

今は毎日道路をこの木の種を掃除しています。

f0223603_9525338.jpg

今年お客さんにいただいた‘クマガイソウ’

絶滅危惧種Ⅱ類指定だそうです。

株分けで増えるので、皆さんにお分けして

なるべく子孫を残すようご努力している方からの頂き物です。

f0223603_9531959.jpg

ナガミヒナゲシ

道端でよく見かける花です。

種がどこからか飛んできたのでしょう。

まさしく道端で開花してます。

f0223603_9533169.jpg

シラン

ドンドン勢力を伸ばしてます。


f0223603_9534092.jpg

アヤメ

綾目模様が見えますので、間違いなくアヤメです。

f0223603_95451.jpg

今まで一度も花が咲かなかった株から、

今年は数か所で蕾が見られます。

冬イチゴと聞いていましたが、どうやら違うようです。

花が咲き切ったら調べみます。
[PR]
by seki-arc | 2015-05-04 10:37 | 庭の気配

八重桜のお花見

f0223603_1812422.jpg

今週の日曜日、2013年の暮れにお引渡しした

下目黒のN邸の“お花見”に招かれました。

“ソメイヨシノ”の頃はご主人が大変忙しかったため

今回“八重桜”を見ながらのお食事会?

f0223603_1813520.jpg

アプローチも雰囲気が出てきてます。

今年は‘ブルーベリー’が豊作の予感。

鳥たちと2歳になったお嬢ちゃんとの戦いが予想されます。

f0223603_18132260.jpg

八重桜は花だけでなく、少し葉っぱも付けて満開になるので

見た目、花の色も引き立ちます。

手前にある柿の木は建築中かなり弱っていましたが、

根っ子を刺激したせいか、勢いよく若葉を茂らせています。

11:00~17:00頃までの長時間、

美味しい奥様の手料理をいただきながら

ビールとワイン。結構飲んでしまいました。


N様、奥様楽しいひと時をありがとうございました。
[PR]
by seki-arc | 2015-04-24 18:42 | 庭の気配

白侘助

f0223603_10573811.jpg

この時期我が家で唯一咲いている花。

白いツバキとの差は、侘助には花粉がありません。

従って‘実’も付きません。

原種は発見されておらず、藪椿と茶の交雑種ではないかとする説もあるそうです。

花言葉は「控え目」

寒空に慎ましく咲く風流な花です。
[PR]
by seki-arc | 2014-12-31 11:07 | 庭の気配

世田谷の紅葉

f0223603_1923677.jpg
今年は、こちらに移り住んで

一番きれいに木々の葉が染まっています。

何時も茶色の葉になり落葉していた中庭のヒメシャラの樹も

赤く色付き始めました。

一昨年は、葉が元気なく丸まってしまいながら落ちていましたが、

植物活力素‘メネデール’と、水やりのお蔭で元気を取り戻したようです。

f0223603_953420.jpg

セイヨウカマツカ

f0223603_952374.jpg

ザイフリボク

f0223603_9354571.jpg
シロモジ

去年の夏植えた新人です。

去年は全く印象に残らなかった色付き方でしたが

可愛い葉型の黄色が目立っています。


f0223603_95837.jpg




コハウチハカエデ

緑色から赤までのグラデーションが魅力的です。



今年のそれぞれの葉っぱは、縮れることなく

綺麗な葉の形を保ちながら落ちています。

f0223603_19232899.jpg

例年になく落葉掃除が楽しい毎日です。
[PR]
by seki-arc | 2014-11-28 19:24 | 庭の気配

地下室でコーヒーを。

f0223603_15142630.jpg

先月外構工事が終わった調布のK様邸に

地下室の坪庭の写真を撮りにお伺いしました。

雨で2回ほど延期になっていて、

やっと訪問することが出来ました。

f0223603_15135593.jpg

地下のギャラリーから坪庭を見ています。

地下室と感じさせない明るさです。

置畳を敷いて、御茶会も催されたそうです。

造園家の中嶋も、最後の茶庭だと思いながら

気合を入れて仕上げたそうです。



f0223603_15134067.jpg

お風呂からも坪庭が眺められ、

お施主様には、大変喜んでいただいています。



f0223603_15122840.jpg

まさしく癒しの空間になっているとの事。

趣味で集められていた、備前のツボも

踏み石として使われていた石臼も

この庭に欠かせないパーツになっています。
[PR]
by seki-arc | 2014-09-27 15:28 | 庭の気配

レンゲショウマの花

f0223603_1711270.jpg
レンゲショウマの花がついに咲きました。

庭を造ってもらった時、中庭に山の土を入れてもらいました。

どんな花が咲くか、咲いてからのお楽しみという感じで。

下の方に見えるギザギザの葉はすぐに生えてきたのですが、

葉の数が増えて行くだけで、花の気配は全くありませんでした。

少しずつ葉の位置が、左側に移動し、

今年はより日陰になりやすい場所で葉が茂っていました。

4月末ぐらいに株の間から真直ぐに枝が伸び、

緑色の球体が何個かぶら下がっているのを発見しました。

何時花が咲くか毎日楽しみにしていましたが、

一向に花になりません。

ドンドン固くなっているように見え、

花はすでに咲いてしまって、実になってしまったと思い込んでいました。

ところが昨日庭に出てびっくり!

真ん丸の実が裂けて、花びらが覗いてました。

f0223603_1705941.jpg

今朝見たレンゲショウマの花です。

少し下から撮影しました。

13年間、根気強く待ったかいがありました。

淡紫色の可憐な花です。
[PR]
by seki-arc | 2014-09-10 17:34 | 庭の気配

その後の花たち

f0223603_19182416.jpg

シロヤマブキ 4月14日

ヤマブキとは別属。

f0223603_1918922.jpg

バイカイカリソウ 4月17日

碇のないイカリソウ

f0223603_19174887.jpg

セイヨウカマツカ 4月17日

秋には真っ赤な実を付けるが、ヒヨドリも食べません。

f0223603_19173089.jpg

山椒  4月19日

日陰でも育つ。枝には鋭い棘がある。

f0223603_1915527.jpg

ミミガタテンナンショウ 4月25日

朱色のトウモロコシ状の実を付けるが、

食べると腎機能障害を発症する有毒植物。

f0223603_19153771.jpg

アヤメ  4月26日

カキツバタ、ハナショウブと似ているが、

外花被片の基部に綾目模様が入る。

f0223603_19152066.jpg

ボタン 4月26日

数多くの園芸品種があり、「百花の王」と呼ばれる。

f0223603_19143588.jpg

ヒメウツギ 4月28日

ウツギより全体的に小型。どんどん増える。

f0223603_19141694.jpg

ツリバナ 5月9日

低山ハイキングでよく見かける。

秋に果実が吊り下がるように熟すことから名がついた。

f0223603_19131450.jpg

シラン 5月9日

名前は、花色が紫色の蘭の意味。

f0223603_19125629.jpg

ノイバラ 5月10日

バラの原種、8種類の中のひとつ。

f0223603_19115831.jpg

エゴノキ 5月14日

名前の由来は、果実がエグイ(喉や舌を刺激する味)ことから。

今年は花が例年に比べて、極端に少なかった。

f0223603_19101063.jpg

ソヨゴ  5月20日

落葉広葉樹のような木の形状の常緑樹。

f0223603_199539.jpg

アメリカザイフリボク 5月23日

6月に果実が熟すことから、ジューンベリーとも呼ばれる。

良く似た、ザイフリボクの果実は9-10月。
[PR]
by seki-arc | 2014-05-26 08:21 | 庭の気配

春到来?

f0223603_10414149.jpg

ヒュウガミズキ(日向水木)

3月初旬からクリスマスローズとともに

春を予感を感じさせてもらっています。



f0223603_10412780.jpg

ヒサカキ(姫榊)

小さな花が枝にビッシリ!

例年花が咲いていることを見落としてました。

以前、榊の代用で地鎮祭に持ち込んだこともありました。

f0223603_1041731.jpg

ハナニラ(花韮)

今朝やっと開花。

なんとアルゼンチン原産。

明治時代に観賞用として移入された球根草。

こぼれ種が我が家の風の吹き溜まりに落ちて増えてゆきました。
[PR]
by seki-arc | 2014-03-23 10:56 | 庭の気配

春の花-5

f0223603_943797.jpg

ヒメウツギ

常緑低木。かなり横に広がってきました。

木陰でも大丈夫な木。

f0223603_951489.jpg

ホウチャクソウ

多年草。

ホウチャク(宝鐸)とは寺院の軒につるす飾りの鐘の事で、

花の様子がこのホウチャクに似ていることから名付けられた。

発芽しやすいのか、すごく増えてきました。

f0223603_954680.jpg

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

中国原産の多年草。明治時代に移入された帰化植物。

名の由来は、葉が芹に似ていること、

花がツバメが飛ぶ様子に似ていることから。

「花しらべ」で、初めて名前が解りました。



f0223603_955957.jpg

コハウチワカエデ

雄花と両性花が同じ株に付く雌雄同株。

種をブーメランのように遠くに飛ばします。

f0223603_962618.jpg

善福寺の現場。

昨日地縄を張りました。

デカイ!
[PR]
by seki-arc | 2013-04-16 09:25 | 庭の気配