立体通風の考慮

f0223603_11384725.jpg
                                   茅野の家では上下方向に吹く風も意識して、窓を配置してます。直階段が
                                 1階から2階、2階からロフト階へと同じ位置で繋がっている為、1階階段
               下ホールの北側に地窓を設けています。

f0223603_11391494.jpg
                                2階からロフト階へ続く直階段です。階段上のロフト階にある開口部から
                  風が抜ける「立体通風」の効果も期待できます。
f0223603_11414348.jpg
                              2階の階段室の脇の廊下は、ヒノキ材の格子床になっていて上下階の空気が
                             行き来しやすいようにしています。冬は床下エアコンで暖められた暖気が、
                                         床下から床吹き出し口を通して1階を暖め、さらに階段室とこの格子床から2階に導かれます。




[PR]
by seki-arc | 2018-08-23 11:43 | パッシブデザイン
<< 断熱改修 風を通す >>