間口5mの家、完成引渡し

f0223603_18534026.jpg

本八幡の間口5mの家が完成しました。

奥行が14.56mで細長い間取りのお宅です。

ほぼ平屋に近く、2階は天井が低く抑えられたギャラリーのみの構成です。

奥行が長いので、ギャラリーに続き6帖の広さのルーフバルコニ-を設け

1階LDKの上部勾配天井部分に電動開閉のサッシを設け

光と風を取り込むように提案いたしました。

ダイニングテーブルに座って、ルーフバルコニー越しに

青空が見えます。季節により月も見えるでしょう。

今日は、5月にしてはかなり暑い日でした.

屋根を2重タルキとし、通気層の下面に遮熱シートを敷き、

断熱材はセルロースファイバー、サッシはYKKの樹脂サッシAPW330を採用し

壁の仕上げ材を珪藻土にしたため、

エアコンをOFFの状態でも外部よりかなり涼しかったです。

また、遮音性が良く外の音もほとんど聞こえず

おそらく夜はぐっすり眠れそうです。


f0223603_1853223.jpg

2階ギャラリーからルーフバルコニーを見る。

シャッターは1,2階共スリットシャッターのため

シャッターをロックし、サッシを開けておけば

南北の風は非常に通りやすくなっています。


f0223603_185303.jpg

前面道路から見ると、ほぼ平屋です。

間口5mの家は初めての経験でした。

もう455㎜あれば間取りの自由度も大きく変わってきたのですが。

間口の割に広がり感のある家になったと思います。

お施主様は引っ越されますが、来週から外構工事が本格的に始まります。

もうしばらく本八幡に通います。
[PR]
by seki-arc | 2016-05-14 19:24 | 今日の仕事
<< 解体工事終了ー善福寺の家2 セルロースファイバー吹込み >>