人気ブログランキング |

暴飲暴食の旅

暴飲暴食の旅_f0223603_931429.jpg

昨晩の「雅乃」のご主人に、紹介者へのお土産を相談したところ

飲食関係の方なら“のどぐろ”が良いでしょうとの事。

翌朝、紹介された近江町市場の「忠村水産」さんへ。

ご主人が声をかけてくれていたおかげで

色々親切にアドヴァイスいただき良い買い物が出来ました。


暴飲暴食の旅_f0223603_93032.jpg

ひがし茶屋街。出格子の風情のあるお茶屋が軒を並べる観光名所。

典型的なお茶屋の造りをそのまま残している“志摩”などを見学。

封建制度のもと、町方にわずかに許された娯楽と社交の場とはいえ、

琴、三弦、笛、舞、謡曲、茶の湯から俳諧などの高い教養と技能が無ければ

敷居をまたぐことは出来なかったそうです。


その他にも金沢の伝統工芸が見られるギャラリーもたくさんあり、

時間があったら半日かけてゆっくり見たい場所でした。

歩道の石は“戸室石”だと思います。雨に濡れて良い感じです。

暴飲暴食の旅_f0223603_915150.jpg

そんなギャラリーのひとつ、“山中漆器”の喜八工房。

漆器のぐい飲みを探し求めていましたが、

作家物はかなり値も張り買うのをためらっていたところ、

気に入ったものを、かなりお安く手に入れることが出来ました。


驚いた事に作家がデザインし、後の工程は全てこの工房で仕上げてしまう

作家物の漆器もあるそうです。



暴飲暴食の旅_f0223603_9196.jpg

金沢駅のシンボル、もてなしドームの「鼓門」。

伝統工芸に使われる“鼓”イメージしたものだそうです。

暴飲暴食の旅_f0223603_904631.jpg

金沢ブームのため、土曜日のランチ予約が1ヶ月前から全く取れず、

紹介されたお鮨屋さんのなかで、やっと予約できたお店に。

金沢から何とPASMOも使えないローカル線で3駅目、

タクシーで15分の「太平寿し」さん。

変わった出し方をするお店で、鮨と御つまみを一緒に出されることがあります。

確かにツマミだけでお酒を飲んでいるうちに肝心のお鮨が

少ししか食べられない事が結構ありますが、これは良いアイデアです。

カレイと御代わり貝。

加賀屋で昭和天皇が御代わりのおねだりをしたところから名がついたそうです。

暴飲暴食の旅_f0223603_90648.jpg


鱧の梅肉のせ。

暴飲暴食の旅_f0223603_8584012.jpg

能登まぐろ。

暴飲暴食の旅_f0223603_8582796.jpg

大好物の“こはだ”

エビのそぼろをを包んでいますが、このそぼろが隠し味でふんわりと優しい味に。

暴飲暴食の旅_f0223603_8581913.jpg

イワシ

暴飲暴食の旅_f0223603_8573152.jpg

〆サバ。

〆サバで包んだ酢飯の食感が素晴らしい!

暴飲暴食の旅_f0223603_8572348.jpg

太平洋で取れた稚貝を富山湾で育てた‘とり貝’

肉厚で絶品でした。

暴飲暴食の旅_f0223603_85723.jpg

キスのコブジメ。

暴飲暴食の旅_f0223603_8565320.jpg

甘エビの卵をシャリに混ぜ、身の上にエビ味噌をのせた贅沢な一品。

暴飲暴食の旅_f0223603_8563623.jpg

蒸したノドグロのお鮨。スプーンで小分けにしながらいただきました。

これは美味しかった。絶品中の絶品でした。

暴飲暴食の旅_f0223603_8562039.jpg

岩ガキ。

暴飲暴食の旅_f0223603_8555836.jpg

創意工夫されたお鮨の連続で、楽しまさせていただきました。

昼間からお酒もガンガン行ってしまい、本当に楽しい暴飲暴食の旅。

1年に1回ぐらい良いでしょう。

暴飲暴食の旅_f0223603_8544820.jpg

金沢駅で新幹線を待つ間、デザートを。

酔っぱらった勢いで、太平寿しでサバ棒をお土産にいただき、

新幹線の中で食べるつもりでしたが、爆睡してしまい、

それでも帰宅後ビールでサバ棒を平らげてしまい、

今回の旅の〆とさせていただきました。
by seki-arc | 2015-07-11 10:45 | 旅・休日
<< 今週の出来事 金沢へ >>