人気ブログランキング |

増改築工事が完成しました。

f0223603_638483.jpg

吉祥寺の大浦建設さんからの御紹介で、

数年前に耐震補強工事を行ったお宅の

1階のクリニックとして使われていた部分を

息子さんご夫婦の住まいに改修する

設計監理を頼まれました。

f0223603_639846.jpg

1階のほとんどの壁が耐震補強で残さなければならず、

プラン的には制約の多い案件でした。

一番のポイントは、既存の跳出しバルコニーの

下の部分を利用したサンルームを増築出来たこと。

f0223603_6392055.jpg

どうしても洗濯機を置くスペースが取れず、

冷蔵庫の横のスペースしかないと思っていたのですが、

サンルームを作ることにより、

影の部分に、洗濯機と洗濯漕を設置できました。



f0223603_6403843.jpg

リビングとサンルームを繋ぐサッシの幅を

1820㎜以上にしたかったのですが、

耐震補強の耐力壁が両脇にあったため

1365㎜の掃出ししか入りませんでした。

天井高さを高く感じさせるために、

サッシ高さを製作範囲目いっぱいの

2376㎜にしています。

f0223603_6413829.jpg

サンルームは木製のサッシ。

床はデッキ材のイぺを使用しています。

木製サッシの反対側は

お子さんの部屋へ繋がるサッシ。

南側の部屋の外に広縁がある感じです。

光も風も入ってくるけれど

夏の直射日光は避けられ、冬は陽が差し込みます。

f0223603_6422054.jpg

真鍮のレールが懐かしい。ガラスの引違窓+網戸。


日当たり十分のため、

木製サッシは透明合わせガラス+遮熱フィルム。

建物のサッシは断熱サッシに

Low-eの複層ガラス。

今や暑さ対策は、必然です。

f0223603_648933.jpg

芯々1820㎜の間口に650㎜の既成のシステムキッチン。

既製品の背面収納の奥行が通常450㎜のため

制作家具で奥行230㎜の収納+カウンターにしたため

流し台との有効開口が760㎜確保できました。

f0223603_6522860.jpg

13.5帖のLDK.(LDは9.0帖)

収納スペースが足りなかったため

テーブルの位置も決めて照明も配灯し、

ダイニングの一部に1800㎜幅の多目的収納を確保。

f0223603_6423647.jpg

LDの南側が結構人通りの多い道路のため、

視線を遮りながら、明るさも確保し

遮熱効果のあるカーテンを探していたところ、

この‘トリプルスクリーン’を勧められました。


何気に外の気配も感じられながら、

明かり障子のような柔らかな光の入る

このロールスクリーンを今回採用しました。



f0223603_642506.jpg

表、裏のレース生地と中間の平織り生地の3枚構造で調光やプライバシー保護が出来る

‘トリプルスクリーン’


壁、天井を珪藻土仕上げにし、

サッシ、ガラス、スクリーンのお蔭で

8月10日の14:00過ぎでも

エアコンなしで、涼しい室内でした。
by seki-arc | 2012-08-14 07:11 | 今日の仕事
<< 八月の現場 夏休み >>