人気ブログランキング |

N邸のインテリア

f0223603_19212642.jpg

ご入居されてから1ヶ月ほど経った玉川のN邸の一階のお母様のリビングダイニングです。
プランの段階で、お手持ちの骨董品である建具を上手く生かせるように依頼されました。

写真正面の手の込んだ建具をインテリアの中心に考え、リビングの引分け障子として利用し、ランマを埋め込み照明のカバーに転用し、構造梁を天井から見せることによって雰囲気のある居間になると考えていましたが、民芸調にならないか少し不安でした。

しかしセンス良い家具の配置と障子の持つモダンな味わいで、なんとも居心地の良い空間になりました。


f0223603_19555540.jpg

今日は建具屋さんも一緒だったのですが、おそらくこの建具を製作するのに図面から完成まで2~3ヶ月はかかったのではないかと話されていました。


昔の職人さんの緻密さが滲み出ている素晴らしい作品であるとともに、当時のモダンなデザインを組み合わせて何とか新しいデザインを作り出そうとする姿も目に浮かんでくるような素晴らしい建具です。
by seki-arc | 2010-10-13 19:21 | 今日の仕事
<< またまた天気に恵まれました。 地鎮祭 >>